祈りの社 岩津天神

毎月25日合格祈願特別祈祷 1、15日病除・健康祈願特別祈祷

天神さん四季だより

夏越しの祓いで、夏をよいしょと乗り越える

「夏越しの祓い(なごしのはらい)」。

半年の節目、梅雨が明ける頃の6月の終わり、
夏本番がやってくる前に無病息災を祈り、
茅の葉で作った大きな茅の輪を、八の字にくぐる儀式に参加してきました。


1.jpg

4.jpg


岩津の天神さんでは、6月24日(日)の朝11時と午後2時からの2回行われます。
もちろん参加は自由です。
祭事の多くは、私たち一般の参拝客が参加できるものはなかなかないですが、
夏越しの祓いは、神職さんの後をついて、
水無月の 夏越の祓いする人は 千歳のいのち 延ぶというなり」と唱えながら参加ができるのです。


2.jpg


「よっこいしょ」
大きな茅の輪をくぐることで、厳しい暑さも元気に乗り越えるぞ!という気持ちになります。


3.jpg

5.jpg


「無病息災」「厄除け」「学業上達」「交通安全」。
皆さん、手に色とりどりの札のついた茅を持っての行進です。
神聖な神事に参加出来て、茅の葉のお守りまで持ち帰られるなんて素敵。

この日のお天気のように、晴れ晴れと明るく、
これからの半年を元気で過ごせますように!

(取材日2018年6月24日)


※岩津天満宮の夏越しの祓いについてはこちら


泣いた笑った、岩津天神泣き相撲

5月5日こどもの日。
鯉のぼりが気持ち良さそうな泳ぐ、真っ青な空の下、
今年も「岩津天神 奉納泣き相撲」が行われました。

参加の赤ちゃん力士は総勢370名。
朝から夕方まで、それはそれは盛り上がりました。



008.jpg

泣けば泣くほど、大人は笑う。
泣き方も十人十色、千差万別。
「この悲しみをどうすればいいのさ!」という赤ちゃん力士の魂の叫びが聞こえるようです。


005.jpg

シャンシャンシャンと巫女さんによるお祓い。
安全第一です。


002.jpg

良い泣きっぷり。気持ちがいいほどです。
きっと元気にスクスク育ってくれることでしょう。


004.jpg

こちらの赤ちゃん力士は、何と寝始めましたよ。大物です。


007.jpg

泣いてなんかやらないもーん。お願い泣いてと行司泣く。


006.jpg

笑うとは。泣くまで待とうホトトギス。



001.jpg

行司もそれぞれ泣かせの熟練の技が。
手に汗にぎる迫真の一番です。


009.jpg

がんばって!
おう、まかせとけ。

003.jpg

毎年、良いお天気に恵まれて、笑い声いっぱいの気持ちのいい1日でした。

緑いっぱいの新緑浴散歩

岩津の天神さんは、もみじがきれい。
ちょうど今は、それはそれは見事な青もみじが楽しめます。

さっそく森林浴ではなく新緑浴に行ってみましょう。
見上げれば、何もかも新しく生まれたてのような、まばゆい緑が降ってくるようです。


002.jpg

003.jpg

011.jpg


緑みどりの大洪水。
こんな緑ならいくら浴びても満足満足。



004.jpg

だんだん、梅の実もかわいらしくぷっくり実ってきましたよ。


006.jpg

もみじの小さな花も咲いてます。



001.jpg

009.jpg

005.jpg

太陽に透けてキラキラ光る青もみじのカーテン。見上げてあんぐり。

007.jpg

008.jpg

もみじだけじゃありません。色んな新しい緑、色んな色の緑がいっぱい。

010.jpg

おじぞうさん、こんにちは。
いいお天気ですね。

012.jpg

満足満足。さあ、元気になった。帰りましょう。

神職さんの装束

神秘のベールに包まれた、神職さんの「装束」。

あの平安絵巻のごとくな雅な装束には、どんな意味が隠されているのか。
今回は、密かにずっと興味のあった「装束」についてお聞きしてきました。



03.jpg


神職さんの装束は祭によって決められています。
祭は「大祭」「中祭」「小祭」があり、
岩津の天神さんの場合「大祭」は12月17日の「祈年祭」、12月23日の「新嘗祭」、3月25日の「例祭」。
「大祭」には正装にあたる「正服(せいふく)」を着用します。
そして「中祭」は「斎服浄衣(さいふくじょうえ)」といって真っ白な装束を着るそう。
最後に、その他の祭「小祭」があり、こちらは「狩衣(かりぎぬ)」を着ます。
狩衣の色は自由に選ぶことが出来るそうで、季節によって薄浅葱、若竹、薄桜など様々な色があり、
もちろん立夏、立冬で衣替えもあるんです。


01.jpg


この日は一番大きな祭り「大祭」にあたる「例祭」の日でした。
そこで注目したいのは「正服」の色です。
祭の種類でも変わりますが、階級によっても装束の色、袴の色が変わるのです。
写真を見ると宮司さんは白地に文様の入った袴、そして装束は黒。
隣の神職さんは紫の袴に赤の装束、浅黄色の袴に紺の装束。
これは全て決められているのだとか。


04.jpg

大祭にかぶるのは「冠」。小祭は「烏帽子(えぼし)」に変わります。
よくよく見ると「冠」も違うんですよ。宮司さんの冠には小さな菱紋が入っています。
手には「笏(しゃく)」、足下は「浅沓(あさぐつ)」も。



06.jpg

この装束の色を見るだけで、今日はどんな祭が行われているのか、
この神職さんはえらい人なのかな?という事まで分かってしまう装束の秘密。
しかもこの装束は平安時代からそのまま続いていると思うと、ロマンがあります。
書物の中だけじゃなく、現代に平安時代を感じることが出来るのですから。

普通に参拝に行くだけよりも、装束について知識があると、より通な楽しみ方が出来ますね。
祭典の案内は岩津天満宮のWEBサイトに載っているので、ぜひ出かけてみてはいかがでしょう。

(2018年3月26日取材)

百花繚乱梅の宴

白、薄桃、桃色。
ぽんぽんと水彩画で色をつけたように、
桃源郷さながらに梅が見頃の岩津の天神さん。
日本昔ばなしのような、のどかな風景が広がります。

001.jpg

006.jpg

可憐で小さな花びらが、真っ青な空と太陽の光にキラキラ透けて、きれいな事。
梅の香りもふんわり優しく漂って。
この光景を見るだけで、いつもの日常が特別な一日になったようです。



010.jpg

012.jpg

004.jpg

007.jpg

素晴らしい光景をおさめようと、あちこちでアマチュアカメラマンが腕を競います。
横目に「ほほう、なるほどそのアングルでそう来たか」とチェックしたりして。
ぽかぽか陽気の中、楽しい春を満喫しました。

013.jpg

009.jpg


岩津天満宮梅の開花情報はこちら