奉祝 天皇陛下御即位三十年御代替

信仰と眺望の霊山 岩津天神

毎月25日合格祈願特別祈祷 1、15日病除・健康祈願特別祈祷

天神さん四季だより

雨の岩津の天神さん

毎日しとしと梅雨の天気です。
岩津の天神さんも雨模様。


001.jpg


実は密かに好きな、雨の日の参拝。
雨の音に、静かな雰囲気。
木々がしっとり雨に濡れて、緑がいきいきとしているようです。

002.jpg

003.jpg

雨粒のきらきらも綺麗。
緑のにおいも普段よりも濃く感じます。

004.jpg

007.jpg

雨の日はいつもよりも景色のトーンが落ち着いて、大人びて感じます。


006.jpg

005.jpg


雨で洗い流されて、すっきり気分新たな気持ちになれますし、
雨降って地固まるとも言います。
雨の日の参拝もいいものです。


毟初祭(もぎそめさい)

5月25日土曜日。

002.jpg

004.jpg



ぷっくりたわわに梅の木が実った岩津の天神さんのお山では、
神職さんたちが梅の実をもぎ採り、天神様にお供えする「毟初祭(もぎそめさい)」が執り行われました。

003.jpg

001.jpg


今年の梅も、大きくてみずみずしくて美味しそうです。
収穫できる喜びは何ものにもかえがたいですね。人間のDNAに組み込まれているのでしょう。
何事もスクスク育つのは気持ちのいいものです。

収穫した梅は丁寧に職員さんたちが夏の間に干し、
「福梅」として授かることができます。
天神様のお力と梅干しの効能で、これからやってくる夏の暑さも乗り切ることが出来るでしょう。


(取材日:2019年5月25日)

今日ばかりは泣くが勝ちの、泣き相撲

令和元年5月5日、子どもの日。
澄み渡る青空のもと、岩津の天神さんで泣き相撲が行われました。

どの赤ちゃんも元気に泣いて、それは見事な取り組みを楽しめました。
どれだけ泣いても気にせずに。今日は思う存分泣いた方が勝者です。
元気な泣き声は、天神様にも届きましょう。


010.jpg

こわいよ、何なの!との心の声が聞こえそうですね。

001.jpg

取り組み前の行司さん達。いい笑顔です。


003.jpg

行司さんも各々泣かせ技があるので、それを見るだけでも楽しいものです。
顔の筋肉を自由に顔を操ることの出来る素晴らしい顔芸は、
俳優の香川照之さんに匹敵するレベルです。


004.jpg

取り組み前には、巫女さんによる鈴のお祓いを受けます。
安全に取り組みできますように。



005.jpg

ちゃんと手を清めて、立派です。


006.jpg

行司さんからもお祓いを受けます。


007.jpg

008.jpg

おや、笑ってしまいましたね。



009.jpg

赤子泣き、大人は笑う泣き相撲。


011.jpg

全身で悲しみを表現してらっしゃる。


012.jpg

013.jpg

令和最初の年に、いい思い出ができました。

014.jpg

宮司さんの締めの言葉も高らかに、楽しい取り組みは、おしまいです。
来年も楽しみです。

(取材日:2019年5月5日)

※岩津天満宮の泣き相撲についてはこちら

鬼は外、福は内!2019年節分祭

2月3日は岩津の天神さんで節分祭が執り行われました。
年々お客さんが増えて、境内はそれはもうすごい熱気です。

001.jpg

サッサッサ。
参拝客の皆さんもお祓いを受けます。
皆さん頭をさげて神妙な面持ち。

003.jpg


「鬼は外〜!福は内〜!」
宮司さんの掛け声を皮切りに、拝殿の中では一斉に豆がまかれます。

勇ましく入ってきたものの、あっという間に豆で退治される鬼さん達。
若干、後ろ姿に哀愁が...。

002.jpg

004.jpg


平安時代より続く鬼を払う為の儀式「追儺(ついな)の儀」。

005.jpg

006.jpg


一斉に豆まきの始まりです。
「こっち!こっちも!」とあちこちから声が聞こえ、それはそれは、ものすごい盛り上がりようです。
豆を撒く方も、思わず笑顔に。
青い空に放物線を描く豆。のどかな光景です。
食べ物を「撒く」という風習も良く考えると面白いですよね。
食べ物は粗末にしないという教えで育っていますが、
豆まきや餅まきは盛大に食べ物を撒いて、拾うこちらも凄くテンションが上がるという。
ちょっと調べましたが、豆を撒くのは鬼の目を狙って豆を投げて退治する意味がありますが、
食べ物を撒く風習については調べきれませんでした。


007.jpg

旧暦での一年の始まり「立春」に、境内の水掛け牛を今年の吉方に方替えします。
平成31年度の吉方は「東北東」。

今年も皆さんにとっていい年でありますように。


(取材日:2019年2月3日)

※岩津天満宮の節分祭についてはこちら

岩津の天神さんの初天神

1月25日は日本全国の天神様で1年で最初の縁日「初天神」が執り行われます。
岩津の天神さんも、初天神の境内はとてもにぎやか。


地元の可愛い巫女さん達のお神楽。
子狐みたいにキリッと目元に朱色のラインを引いて、髪飾りも艶やかに。
扇子をひらひら、上手に舞っています。
どの子も落ち着いて本当に上手で、最近の子はしっかりしているわと感心。


010.jpg

002.jpg

笛や太鼓の音色もにぎやかに。


015.jpg

初天神には「鷽替え」神事も行われます。
この眼光鋭い鳥さんは、
「鷽(うそ)」という鳥を木彫りの鳥でかたどったものです。

鷽(嘘)替えというのは、
初天神の日に鷽の鳥を新しくすることで、前の年の災いを吉に替えるというもの。
だから、こんなに鋭い目をしているのでしょうか。
嘘は見逃さぬ、縁起の良い方へ誘うぞという決意を感じます。



004.jpg


ズンドコドンドコスットントンと、境内に響くこれまた景気のいい太鼓の音色。
岩津の天神さんの「天神太鼓」の演奏です。


003.jpg

しゃらしゃらしゃら。
巫女さんによる鈴のお祓い。


014.jpg

007.jpg

012.jpg


「こんなに初天神の日は賑やかなんですね」と巫女さんのお母さんが驚いていましたが、
そうなんです。初天神はとても賑やかなんですよ。
ぜひお出かけしてみてくださいね。
梅の花もちらちらと咲き始めています。すっかり春です。


(取材日:2019年1月25日)